副業

副業の確定申告のお話し

みーたん
みーたん
 確定申告って難しそうだね 
 簡単にまとめてみたよ 

確定申告が不要な副業  

最初に確定申告が不要な副業を書くので確認してください。

 時間がある人は最後まで見てね 

フリマアプリでいらなくなったものを販売

衣服、家具、通勤用の車などが該当する生活必要品は非課税であるので確定申告は不要です。

ちなみに1個or1組で30万円を超える宝石、絵画、骨董品などには税金がかかるので申告が必要です。

しかし、転売やせどりで生活必要品を販売してる人やハンドメイド作品を販売してる人で営業目的ものは、雑所得などの申告対象になる可能性があります。

副業で確定申告が必要になる基準?20万円

副業で確定申告が必要になる基準は20万円です。

これは、副業での所得が20万円以下なら確定申告しなくていいと言うことです。

このルールには、給与所得(アルバイト・パート)かそれ以外か、によって変わってくるので注意です。

1 給与所得の場合(アルバイト・パート)

本業がサラリーマンで、副業でアルバイト・パートでの収入が20万円以下の場合は確定申告が不要です。

2 非給与所得の場合(クラウドソーシングなど)

本業がサラリーマンで、副業が非給与所得の場合は副業の所得が20万円以下であれば確定申告が不要です。

ここで注意しなければならないのが、「所得が20万以下円」です。

所得とは「売り上げー経費」です。例えば売り上げが100万円で必要経費が90万円の場合、所得が10万円になり確定申告が不要です。

3 1と2の両方をやっている場合

給与所得と非給与所得の両方をやっている場合は1と2の条件を足したものが20万円以下の時、確定申告は不要です。

20万円の基準の注意点

この20万円の基準はあくまでも確定申告をするか、しないかだけです。

なので確定申告はするが、副業の確定申告はしないと言うことはできません。

例えば本業がサラリーマンではなく事業をやってる場合やサラリーマンでも医療費控除を受けるために確定申告する場合は、例え副業の所得が20万以下でも確定申告書に記載する必要があります。

最後に

確定申告をしっかりして素敵な副業LIFEを楽しんでください

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です