■■■■:トップ > 視力矯正はレイシッククリニックで

神戸クリニック

神戸クリニックは、著名人の方が非常に多く

レイシック手術を受けてる事で知られています。

また、サイトには体験談も多く掲載されているので、

イメージがつかみやすいのではないでしょうか。


また、アイレイシックでは日本では実績No.1を誇り、

経験と実績が違いますので、様々な症例にも対応できるため、

他のクリニックで断られた方でも

一度は検査を受けてみる価値はあります。

価格設定を見ると、神戸クリニックは、若干高い印象があります。

実はそこには理由があります。

それは、神戸クリニックでは世界中のレイシック手術をしている

クリニックから支持されているAMO社のStar S4 IRという

エキシマレーザーを採用しているのですが、

この機器は、なんと1回使用するごとにAMO社に

使用料を払う仕組みがあるため、どうしても価格に反映してしまうのです。

AMO社ではこの使用料を研究開発費に充てていて、

機器自体の性能や精度等を日々進化させているのです。

その結果、高くても世界中から支持される結果になるわけです。

しかし、神戸クリニックのポリシーは、

患者さんが手術を受けてからが付き合いの始まりという事だそう。

この業界、手術して終わりと言うところが多い中、

アフターフォローに非常に気を配っていて、

気軽に目に関する相談、術後の検診や薬(これは1年間)、

トータルなアフターケアが全て料金に含まれていますので、

仮に、再治療の場合にも再度手術代金を請求されたりもしませんし、

定期検診で合併症の治療に治療費を請求されるような

心配はありません。

まずは、無料の相談会で色々と疑問を解消するのがオススメです。

神奈川アイクリニック

レイシック手術で人気のクリニックとして、

神奈川アイクリニックは有名です。

歴史は2000年に開院と浅いものの、

約28万症例の治療実績を誇っています。

気になる感染症対策に関しても万全を期していて、

移植手術までもできるレベルのクリーンルームで

全ての手術を行なわれています。

また仮に術後に視力が下がった時でも

特に費用を必要せずにケアをしてくれますから、安心ですし、

過矯正によって、見えづらくなったり、

その状態によって体調不良になってしまったとしても、

無料で遠視治療を施してくれます。

つまり、神奈川アイクリニックでは、単なる視力回復という事ではなく、

患者さんのライフスタイルと目の状態に合わせて、

丁寧に治療をしてくれるのです。

またそこが人気ににつながり、実績となっているようです。

錦糸眼科

錦糸眼科は、レイシック手術を扱うクリニックとしては、

とても有名なです。

特に、錦糸眼科の総院長である矢作徹さんは、

2006年 WORLD TOP DOCTOR 受賞しているほどです。

彼は、1993年錦糸眼科開院より治療歴18年で、

院長自身が行った屈折矯正手術の65,000症例以上は

国内でも圧倒的な実績で、様々な賞を受賞しています。

また、クリニックとしての品質も高く、

1993年の開院から18年間、感染症が起こったことはありません。

どうしても院長に手術をお願いしたいという方が

大変多いため、追加料金10万円がかかりますが、

指名する事も可能なのだそうです。

安全性が高いと言っても、目の手術ということもあり、

院長指名が多いとのこと。

しかし、院長ばかり目立っているようですが、

他の医師達もすべて経験豊富な優秀な医師ばかりですから、

どの医師でも安心して手術をしてもらう事が出来ます。


また、他のクリニック等でレイシック手術は無理と判断された方も

一度検査される事をお勧めします。

錦糸眼科のイントラレーシックであれば手術可能になる場合があるのです。

これはまさに、技術力の高い錦糸クリニックならではです。


レーシック手術は、一度削ったら、元には戻せない重体な手術。

だからこそ、経験と技術が必要。

だからこそ、この事実を真摯に受け止め技術力を高めるための

時間や努力を惜しまないというのが

院長のポリシーであり、錦糸眼科の基本的な考え方なのです。


品川近視クリニック

レーシック手術と言えば、品川近視クリニックでしょう。

現在、症例数では日本一のみならず、世界一のこのクリニック。

経験、実績では申し分のないクリニックです。

週末には1500人もの患者さんが来院することもあるそうですが、

300台にものぼる最新機器で対応できるようになっています。

場所も有楽町の駅前徒歩1分という大変便利な場所で、

3フロアで何と4000㎡という面積を誇る、超一流のクリニックです。

患者さんの為に常に最新機器と最新技術で応えてくれるのが、

品川近視クリニックですが、特い医師の技術力が特筆すべきもので、

1万症例以上、3万症例以上、5万症例以上といった

世界トップクラスの症例数経験を持つドクターが

多数在籍しているのが、なんといっても心強いでしょう。

また手術したら終わりというのではなく、

年中無休で、最長15年という長期保証を実現しているのも

特徴で、アフターケアの面でも大変患者さんから好評のシステムです。

手術を考えている方は、まずはご相談ください。

患者さんそれぞれにあった手術を提案してくれるでしょう。


損をしない為に

どうしても初期費用がかかってしまうレイシック手術。

かかる費用を少しでも減らせたら嬉しいですよね。

しかし、レイシック手術は保険適用外の自由診療です。

ですから、基本的に実費となってしまいます。

他に安くできる方法はないのでしょうか。

実は可能性がある方法があるのです。

まずは手術給付金です。

実はレイシック手術は多くの生命保険や医療保険で

手術給付金対象の手術となっています。

もちろん加入している保険にもよりますが、

多くの保険では3万円~10万円くらいの

手術給付金が支払ってもらえる可能性があります。

ですから手術を受けようと思っている人は

事前に自分の加入している保険が

果たして、手術給付金対象か、どのくらい支給されるのかなどを

確認しておくといいでしょう

もう一つは医療費控除です。

支払った医療費が年間で10万円を超える場合、

医療費控除が行えるのはご存じの通り。

領収書をとっておいて、確定申告を行うことで

税金の還付が受けられます。

これらをうまく利用すれば、かなりお得に

レーシック手術を受けることができますね。

レイシック手術の金額

レイシック手術にかかる費用は、どれくらいなのでしょうか。

レイシック手術と言うのは保険適用外です。

つまり自由診療ですから、クリニックによって

自由に費用を決めることができます。

ですから、クリニックによって大きな差ができます。

実際には10万円台から60万円台くらいまででしょうか。

この金額の差は、使用する機器、医師の技量、

クリニックの立地、広告費などによって変わりますので、

何とも言えません。


実際にはレイシック手術を行うクリニックには、

何度も通院するという事はありません。

初めての人が行く人がほとんどですから、

他と比較することもできず、よくわかりません。

ですから事前の説明や問い合わせ、クチコミなどから

クリニックを判断するしかないでしょう。

また、クリニックによっては、手数料0のローンや、

家族割引、学生割引など、いろんな割引制度が

用意されている所も多いので、それらを利用すると

よりお得になるでしょう。

レイシックの良さ

どんどん普及してくるレイシック手術。

コンタクトなどと比べて何が違い、

どんな所がいいのでしょうか。

目の悪い人なら、ほぼみんな忘れていると思いますが、

裸眼で物が良く見えるという、当たり前の感覚が戻ります。

つまり、普通に見えるようになることが最大のメリットでしょう。

また、安全性も高く、時間も短く、痛みもないという手術も

人気の秘密です。

もちろん保険が使えるわけではありませんので、

初期費用はかかりますが、長い目で見れば

コンタクト購入より割安になるはずです。


逆にデメリットといえる部分は、

先述した初期費用がかかるということです。

また、手術ですので、100%安全とはいえない事と、

術後の感染症の可能性もあるという事です。

しかし、どちらも可能性と言うだけの話ですので、

絶対的にメリットの方が多いと言えるでしょう。

イントラレイシック

イントラレイシックをご存じでしょうか。

イントラレイシックとは、レイシック手術方法の一つで、

高精度のレーザーでフラップと呼ばれる角膜に作るフタを

作る最先端技術です。

全てコンピューター制御で作成するので、正確さと安全性が

格段に向上しました。

しかも従来の手術に比べ、フラップを薄く正確に

作ることが可能なので、より角膜を削る事が出来るようになり、

より強度の近視を強制することが、可能になりました。


イントラレイシックを導入しているクリニックは

まだまだ少ないようですが、

品川近視クリニックなどは有名です。


レイシックの歴史

今でこそ世界中で普及しているレイシック手術ですが、

どのような経緯で今に至るのでしょうか。

そもそもアメリカで1995年にFDAと呼ばれる

アメリカ食品医薬品局がエキシマレーザーの使用を

認可した事でこのエキシマレーザーを使用した

レイシック手術が急速にに普及したのです。

事実、2002年には年間100万人を超える人が

手術を受けたそうです。

日本では2000年に厚生労働省に認可されてから

かなりの勢いで増えています。

しかし、導入当初、あまり慣れていないクリニックなどで

技術的にも衛生的にも未熟な手術が原因で

感染症にかかる等問題があったりして、

普及の障害になった時期もありました。


現在は大手のクリニック等は手術数も多く、

経験も豊富な医師が増えていますし、

安全性も以前とは比べ物にならないくらい

向上しているため、

安心して手術を受けられるようになりました。

歴史としては浅いのですが、

その分、どんどん新しい画期的な手術方法が

生まれてきて、その人に合った

手術方法が選べるようになってきています。

気になっている方は、まず相談してみましょう。

どこのクリニックでも親切に相談に乗ってくれるはずです。

そもそもレイシックって

最近、レイシックという言葉自体は

よく聞くと思います。

なんとなくは分かっている人も多いと思いますが、

正確な意味を理解して入る人はそんなにいないかもしれません。

そもそもレイシックとは、

LASIKつまりLaser in situ Keratomileusisの略で、

エキシマレーザーを使用した視力矯正のための手術のことです。

つまり、レーザーを照射して、角膜の屈折力を変えることで、

近視・遠視・乱視を矯正する手術方法のことなのです。


レイシックの特徴は、

まず何と言っても手術時間が短いことです。

だいたい15分から20分というところでしょうか。

そして、事前の検査がきちんとありますが、

手術した方の90%以上の方が1.0以上に視力が回復するという事。

そして手術そのものの痛みがほとんどないということ。

更には安全性が極めて高いという事でしょうか。

 | 
IT用語